必要な成形を作成してもらおう|プラスチック製品の作り方

作業員

注目される機能材料

工場

酸化チタンは白色度や隠蔽力が高く、塗料や絵具の原料になるほか、日焼け止めクリームにも配合されています。また光触媒効果があり、殺菌・消臭作用が注目を集めています。食品添加物としての安全性には注意が必要です。

もっと読む

内径研磨の技術

パイプ

自動車部品や機械部品製造など金属加工に欠かせない研磨工程では、部品の素材や形状に合わせてさまざまな研磨技術が使われています。中でもパイプやシリンダーなど中空構造の内径研磨に使われる方法がホーニングです。メーカーごとに特色あるホーニング技術が開発されており、1回で研磨が完了するワンパス加工もあります。

もっと読む

用途豊富な金属物質

作業員

チタンを酸化させた金属物質である酸化チタンは、高い屈折率や反射率、光電効果や光化学反応などが特徴的な物質です。その性質によって実にさまざまな分野や用途での活躍や応用が可能と期待されており、生産量も増加しています。

もっと読む

進化する素材と技術

作業員

メリットと、問題点

プラスチックには様々な成形方法が有りますが、射出成形は最もポピュラーでよく用いられる手段です。特に熱可塑性樹脂で用いられる整形手段ですが、熱硬化性樹脂でも用いられます。具体的な方法としては、融点以上に熱して溶融されたプラスチックに圧力を加え、予め用意しておいた金属型に流し込むことで成形します。複雑な形状でもかなりの精度で成形でき、しかも大量生産も可能とメリットは大きいものとなっています。ただ、この方法のデメリットとしては、テフロンなど、この方法を使う事が出来ないプラスチック素材が有るという事が挙げられるでしょう。これに対して様々な企業が努力を続けており、今まで不可能だった素材でも、加工可能なものも現れてきています。

様々な素材が使えるように

プラスチックの射出成形は改善を続けており、従来では扱えなかった素材も、この方法を持ちることが可能になってきています。例えば、プラスチックに木材を混ぜ込んだ素材であるウッドプラスチックです。この素材は両者の良い所を併せ持っており、従来のプラスチックに比べて固くて丈夫、熱にも耐えるなどの特徴があります。従来は押出成形などに頼らざるを得ず、複雑な形には成形できないなど制約もありました。しかし、昨今では射出成形が可能なタイプが出てきており、射出成形のメリットを受けられるように成っています。他にもPETや紙プラスチックなども射出成形を行えるよう進化してきており、より幅広いニーズを実現できるように進歩が続いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加